• ボーディングスクールに入学するには

    ボーディングスクールとは全寮制の進学準備校です。

    ここで学んだ生徒たちは大学への進学率も100パーセントなので、より高い教育水準を求めてボーディングスクールに子供を入れる親も少なくありません。



    教師やスクールカウンセラーなどのスタッフが寮にいて、24時間体制で生徒に向き合っています。



    ただ勉強を教えるのではなく、道徳力やマナー教育、コミュニケーション能力を育てているのです。

    ボーディングスクールには様々な種類があります。



    男子校や女子高もあれば、教学もありますし、特定の分野に特化したタイプの学校もあります。スポーツや芸術などの才能に優れた子供の教育の為になります。


    子供のころから全寮制でしっかり学ばせて、高い語学力を育てて国際的なステージで活躍する人材にしたいという保護者向けに低年齢の児童から受け入れている学校、子供に特化したジュニアボーディングという教育機関もあります。
    学習障害を持っている子供専門のところもあり、実に多彩なのです。


    ボーディングスクールは、全世界の学生を受け入れていますから、どの国からでも出願をすることができます。
    出願する時には、その生徒の英語力がどれくらいの水準まで達しているか証明する資格や、成績証明書に加えて、教師からの推薦状などが必要です。

    他にも課外活動の実績や、家族が海外留学にどのように思っているかをつづったエッセイなどを提出しないといけない場合もあります。


    面接が重要視されているのも特徴です。