• ボーディングスクールのメリット

    アメリカの高校へ留学する場合に、ホストファミリーに滞在する方法以外に、ボーディングスクールに通う方法があります。



    これは寮制の学校で、原則として短期留学ではなく、卒業を目的とした場合に有効になるやり方だと言えます。

    日本からボーディングスクールに通う場合、通常は1クラス10人前後の少人数制となり、教師や他の生徒との距離が近くなっています。寮は基本的に同じ敷地内にあるか、近くの場所にあるので、安全性には問題がありません。

    寮には面倒見の良い管理人や寮生がいるので、日々の生活の面倒も見てくれるわけです。

    また、多くのボーディングスクールは自然環境にも恵まれた場所に立地しているので、アメリカの雄大の自然の中で伸び伸びと学べると言えます。



    ボーディングスクールの大きな特長の一つは、一人ひとりの生徒の個性を活かした教育が受けられる事にあります。

    それは、個人を重んじるアメリカの伝統と社会慣習の成果によるもので、生徒自らが自分の可能性に気づきやすい教育環境になっています。

    それをバックアップするのが、1クラス10人前後という少数主義で、苦手な分野に関しても、きめ細かな指導がなされているわけです。

    教えて!gooの情報をお届けします。

    特に語学が苦手な留学生に対しては、言語や文化の違いに応じた支援を行っていることで、一人ひとりのレベルにあったカリキュラムが組まれています。

    ボーディングスクールの教師は教育熱心な人が多く、勉強以外にも、生活の相談など色々と相談に乗ってくれます。
    また、教師の多くは同じ敷地内に居を構えて暮らしており、公私ともに家族ぐるみの付き合いをすることができます。


    阻止で、学校自体も、様々なイベントで教師や生徒同士の交流を図っており、生活のサポートをしてくれます。