• ボーディングスクールとはどのような学校か

    ボーディングスクールとは、寄宿制の学校のことを言います。

    単に勉強を学ぶだけではなく、集団生活を通して礼儀や自立心、コミュニケーション能力を養うことを目的としています。



    少人数教育が特徴で、1クラスが10人ほどというところもあります。少人数制のメリットは、生徒一人一人に合わせた教育が可能で、個性を伸ばすことができます。日本ではなじみがありませんが、アメリカやイギリスに多く、名門と言われる高校は寄宿制をとっているところが多いです。
    日本から留学をする人もいます。



    日本から海外のボーディングスクールに入学をしたいと考えているのであれば、事前に情報を集めておく必要があります。

    日本では、ボーディングスクールの説明会が開催されていることがあるため、そこで情報を集めるのがおすすめです。国によっても教育制度が異なるため、出願の仕方やどのようなテストが行われるのかは、最低限押さえておくべきでしょう。
    また、日本には海外留学を専門とするコンサルティングの会社もあります。

    そこでは、いろいろな学校の情報を持っており、現在情報がないという人でも安心です。



    そして、授業についていけないといったことや、生活になじめないという場合のサポートも行っているため、海外に子供を留学させる親御さんも、安心して海外に子供を生かせることが可能です。
    ボーディングスクールは、自立心やリーダーシップを鍛えることに適しており、子供をそのような人間にしたい人におすすめです。